2010年01月23日

治療薬

喘息(ぜんそく)というのは症状が出るととても苦しいものです。
特にひどい発作の時は、このまま死ぬのではないか?
と思ってしまうほどです。

実際に、喘息発作による呼吸困難で亡くなられた方もいるようです。

しかし、私の経験では症状が出ていないときは、何事もなかった
ように元気なのが喘息というものだと思います。

そのため症状が出ないときは「もしかしたら治ったのでは?」
なんて勝手に思い込み医者から渡された治療薬を飲むのをやめて
しまうなんて事もあると思います。

実際に、私もそう思い治療薬を飲むのをやめてしまいました。
でも、やはり治ってはいなくって、喘息発作で苦しんだことも
あります。

喘息というのは、気管支が常に過敏な状態になっているようで
今は平気でも、喫煙による煙や風邪、突然冷たい空気を吸い
込むなど何かの切っ掛けがあると発作が起こることがあります。

なので、自分の勝手な判断で治療薬を飲むのをやめてしまうなど
はよくなく、治療は続けることが大切なようです。
タグ:喘息 治療薬
posted by 喘息治療 at 18:27| ぜんそく治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

喘息の症状

喘息の症状ですが、これは私の経験から書かせていただきます。

喘息の症状はなぜか?日中には起こりにくいものです。症状が
出るのは睡眠中で、時間的には明け方4時ぐらいです。

なぜ?その時間帯に起こるのかは理由は分かりません。

症状としては、息を吸い込むとゼイゼイ息を吐くとヒューヒュー
と音がします。これを喘鳴というそうです。

これは気管支が細くなっていて空気の通りが悪くなっているので
ちょうど笛のようになっているからのようです。

当然、このような状態では息が苦しいです。つまり呼吸困難の
状態です。また、咳やたんもでます。

喘息の症状が夜中に出ると十分な睡眠が取れないために寝不足で
昼間に眠気が襲って来ることもあります。

喘息の症状が無いからと治療をやめずに、続けることが大切だと
お医者さんは言っていました。

posted by 喘息治療 at 17:42| 喘息の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

喘息の原因

私は、子供の頃には喘息(ぜんそく)というのはありませんでした。

つまり、大人になってから喘息という病気になりました。

大人になってからの喘息になってしまう原因にはいろいろとあります。

例えばアレルギーであったり、風邪が切っ掛けだったり喫煙による
タバコだったりします。

私の場合はたぶん喘息になった原因は、喫煙だと思います。
タバコによる喫煙は、どちらかと言うと人よりはヘビースモーカーで
あり、それにより咳き込むこともたびたびあり、気管支が弱っていて
その上で風邪を引いたのが、喘息という病気の発端になったのでは
ないかと思います。

喘息になってもなかなか長年吸い続けたタバコはやめられないものです。

しかし、喘息を治すには、やはりタバコをやめなければ治すことは
難しいと思います。
posted by 喘息治療 at 07:58| 喘息原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

喘息とは?

喘息(ぜんそく)とは?あなたは喘息とは?と聞かれた場合に、
たぶん咳が止まらず苦しい病気と思われるでしょう。

喘息を経験されていない方の多くは喘息とはそう思っている方が
多いと思います。

しかし、喘息というのは、確かに咳も出ますがそれだけでは
ないのです。

私は実際に喘息を経験しているので(現在も)分かるのですが
喘息はとても苦しい病気です。

発作か起きると息ができません。つまり呼吸困難を起しているからです。

ひどい発作の時には本当に死ぬのではないか?と思うほどです。

喘息とは、発作時には気管支が狭くなり分泌物(タン)が多く分泌
され呼吸を困難になる病気です。

発作時の苦しさを例えると、ストローを加えて鼻をつまみ細い
ストローだけで息をするような感じです。またそれに咳が加わり
ます。

実際に、この病気を経験している私が喘息とは何か?その原因や
克服するための治療方法などについて当サイトで考えたいと思います。

タグ:喘息
posted by 喘息治療 at 10:40| ぜんそくとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。