2010年01月19日

喘息の症状

喘息の症状ですが、これは私の経験から書かせていただきます。

喘息の症状はなぜか?日中には起こりにくいものです。症状が
出るのは睡眠中で、時間的には明け方4時ぐらいです。

なぜ?その時間帯に起こるのかは理由は分かりません。

症状としては、息を吸い込むとゼイゼイ息を吐くとヒューヒュー
と音がします。これを喘鳴というそうです。

これは気管支が細くなっていて空気の通りが悪くなっているので
ちょうど笛のようになっているからのようです。

当然、このような状態では息が苦しいです。つまり呼吸困難の
状態です。また、咳やたんもでます。

喘息の症状が夜中に出ると十分な睡眠が取れないために寝不足で
昼間に眠気が襲って来ることもあります。

喘息の症状が無いからと治療をやめずに、続けることが大切だと
お医者さんは言っていました。

ラベル:喘息 ぜんそく
posted by 喘息治療 at 17:42| 喘息の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。