2010年03月20日

アルコールによる発作

喘息になってしまった場合お酒やビールといったアルコールを
飲むことで、喘息の発作の引き金となることを私は何度か経験
しています。

なぜかは?その理由はよく分かりません。しかしいろいろと
調べてみると、お酒やビールなどのアルコールの飲酒により
発作が起きることはあるようです。

毎日の晩酌が楽しみの私にとって晩酌ができないのは辛い
ことでしたが喘息発作が出るともっと辛いので、というか
死ぬかと思うほど苦しいので晩酌はやめました。

しかし、喘息発作の治療を続けて軽減された今はまた晩酌を
しています。

しかし、現在でも飲みすぎや体の調子が悪い時はアルコールを
控えています。

タグ:発作 喘息
posted by 喘息治療 at 16:25| 喘息の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

喘息発作をおさめる

私の経験から喘息発作が始まると、とても苦しいと思います。

喘息発作は喘鳴というゼイゼイ、ヒューヒューと息をするたびに
音がして、咳がひどくタンも出ます。

この発作時は呼吸ができないので本当に苦しいです。
命にもかかわる状態だといえるでしょう。

私は発作がひどいときは、病院にいって治療をしてもらいます。
だいたい発作が起きる時は夜中が多いので緊急病院のお世話に
なることが多いです。

夜中の緊急病院となると料金も高いのですが、その時はそんな
ことを言ってはおれません。

喘息発作ををおさめる治療法としては、吸入と同時に点滴による
薬の投与です。

点滴が終わる頃には、発作もおさまり嘘のように元気になって
しまいます。

でも、これは喘息が治ったわけではありません。発作がおさ
まっただけです。

喘息は発作を出さないように常日頃から治療を続けることが
大切なようです。
posted by 喘息治療 at 07:24| 喘息の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

喘息の症状

喘息の症状ですが、これは私の経験から書かせていただきます。

喘息の症状はなぜか?日中には起こりにくいものです。症状が
出るのは睡眠中で、時間的には明け方4時ぐらいです。

なぜ?その時間帯に起こるのかは理由は分かりません。

症状としては、息を吸い込むとゼイゼイ息を吐くとヒューヒュー
と音がします。これを喘鳴というそうです。

これは気管支が細くなっていて空気の通りが悪くなっているので
ちょうど笛のようになっているからのようです。

当然、このような状態では息が苦しいです。つまり呼吸困難の
状態です。また、咳やたんもでます。

喘息の症状が夜中に出ると十分な睡眠が取れないために寝不足で
昼間に眠気が襲って来ることもあります。

喘息の症状が無いからと治療をやめずに、続けることが大切だと
お医者さんは言っていました。

posted by 喘息治療 at 17:42| 喘息の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。